野菜に夢中!サラダコスモ:簡単便利なカット野菜とモヤシやスプラウト野菜の生産者「サラダコスモ」はロハス(LOHAS)の会社です

オレンジページ おとなの健康 に掲載されています。

オレンジページのムック本

おとなの健康

注目の食材『発芽野菜』が掲載されています。

商品画像集合Top画像

発芽野菜とは

「スプラウト」とも呼ばれる

種を発芽させたばかりの‘新芽’のことです。

新芽には、栄養がいっぱい。

高い抗酸化力で体を内側からきれいに!

ということで

管理栄養士、料理研究家、フードコーディネーターの

金丸絵里加さんが解説してくれています。
http://ameblo.jp/kitcehen-labo/

発芽野菜には、

かいわれ大根、豆苗、ブロッコリースプラウト、レッドキャベツスプラウトなど

種類が豊富にあります。

これらの調理法が手軽であること、

そして何より

“発芽”することによって増す栄養価の高さ

に注目。

△IMG_7656かいわれ

大根の種が発芽した『かいわれ大根』

成長した大根に比べ

βカロテンやビタミンKが格段に多い。

〇TOPIMG_7512子大豆もやし

大豆が発芽した『大豆もやし』では

乾燥大豆よりビタミンCが増えており

〇IMG_7552豆苗

えんどう豆が発芽した『豆苗』では、

えんどう豆の状態では存在していなかった

ビタミンCが新たに合成され、

β―カロテンは約34倍に

ビタミンEは約16倍にもアップしている。

〇IMG_7761ブロッコリースプラウト

ブロッコリーの種が発芽した『ブロッコリースプラウト』

抗酸化力を高める‘スルフォラファン’がル、βカロテンも含有量が高いことがわかっている。

と、各詳しいデータ付きで解説されています。

ここで、新芽野菜に多く含まれると紹介されている

β―カロテン、ビタミンC、ビタミンEといった抗酸化成分

「活性化酸素」の働きを抑え、病気の予防や美容に効果があるとされています。

身近にある発芽野菜として

サラダコスモの『大豆イソフラボン子大豆もやし』が紹介されています。

daizuisofurabon-kodaizumoyasi

 

 

子大豆を発芽させた

『大豆イソフラボン子大豆もやし』は、

機能性表示食品で

骨を丈夫にする大豆イソフラボンが豊富なことが

認められています。

たっぷり食べるならコレ!

発芽野菜レシピ

では、

そぼろ大豆もやしご飯

スプラウトと白菜、ツナのサラダ

かいわれ大根の豚しゃぶ巻き

豆苗と豆腐の卵とじ

などが紹介されています。

発芽野菜のことがまるごとわかる

『おとなの健康』

ぜひ、ご覧になって下さい!

オレンジページnet 公式サイト
http://www.orangepage.net/

【情報誌】【オレンジページ】

2017-01-23 | Posted in マスコミ, 発芽野菜No Comments » 

関連記事

上へ