野菜に夢中!サラダコスモ:簡単便利なカット野菜とモヤシやスプラウト野菜の生産者「サラダコスモ」はロハス(LOHAS)の会社です

「カップラーメンで健康に」をテーマに「ラーメン用野菜増し袋」

岐阜の野菜会社が「カップラーメンで健康に」をテーマに

「ラーメン用野菜増し袋」を1月より新発売!

レンジで簡単調理、進む野菜不足にストップを。

株式会社 サラダコスモ

ちこり村


株式会社サラダコスモ(以下弊社)より、

現在市場規模が増加傾向にある、即席ラーメン市場を狙い、

即席ラーメン用の野菜セット

「ラーメン用野菜増し袋」2018年1月から一斉販売開始!

内容量は、1食分の野菜が摂れる120g。

(日本人の1日の目標野菜摂取量350gを3食で摂るとした時)

即席ラーメン用にということで簡便性にこだわり、

袋のままレンジでチンできるよう包装も改良。

野菜の栄養も逃がすことなくまるごと摂れます。

緑豆もやし、キャベツ、人参の3種類の野菜が入って彩り豊か。

原材料は全て国産の野菜にこだわりました。

 <日本人の野菜平均摂取量は、H28年過去最低>

厚生労働省は、国民の健康増進を図るための方針として

『1人あたり1日350gの野菜を摂取』という目標を設定。

しかし、厚生労働省の平成28年度の

国民の野菜の平均摂取量のデータでは、

1人当たり平均277g/日と、

過去10年で最低の数値。

年代別の比較では、20代の野菜摂取量が最も少ないことから、

弊社では食の簡便化により

インスタント食品や冷凍食品などの需要が

高まっているのではないかと考えました。

 <即席ラーメン市場増加傾向。H28過去最高の国内生産量>

即席ラーメン市場は現在、増加傾向。

袋めんをはじめ、カップ麺や生めんなど様々な即席ラーメンが登場。

中でもカップ麺は、ノンフライ麺化や脂質・糖質カット麺の開発など、

進化が続いています。

銘柄数は3年で2割増え、2016年には1576商品と過去最多。

国内生産量は、平成28年で過去最高の56億7164万食となっており、

今後の即席ラーメン市場の発展に期待しています。

(※右表:一般社団法人日本即席食品工業協会

「インスタントラーメンナビ」より)

今回は町のラーメン屋さんで野菜増しを注文する若者に着目し、

職場や家庭で手頃に食べられるカップ麺に、

簡単に取り入れてもらえるような野菜セットを作るということで、

新商品の『ラーメン用野菜増し袋』を開発。

<“ラーメン用 野菜増し袋” 商品特徴>

・1袋(120g)は1食分の野菜摂取量です(1日350g、3食として)

・袋のままレンジで調理が可能。簡単便利。

・参考販売価格は78円(税別)。手頃な価格に設定しています。

※2018年1月から各地スーパーにて販売を開始いたします。


インスタント用ラーメン増し袋ポイント

★強調表示「野菜の栄養素を見える化」

野菜セットのパッケージにはこの野菜増し袋で

摂取できる栄養素を記載。(右図)強調表示の基準を満たす、

カリウム、食物繊維、ビタミンA、ビタミンC、葉酸をそれぞれ表示。

消費者の方が自分に必要な栄養素が一目で分かるよう

袋の裏側に記載をしています。

それぞれ、強調表示の基準の1.9倍~6.5倍の栄養素が含まれています。

(※基準値:消費庁参考資料参照)

★「生」の野菜をお手軽に。

カップ麺に入っているフリーズドライ製法の野菜ではなく、

新鮮な“生”の野菜が簡単に食べられます。

水溶性の栄養素は、ゆでたり炒めたりすることによって

水分と一緒に出てきてしまうため、

折角の野菜の栄養も摂取することができなくなってしまいます。

袋のままレンジで調理することによって、

生の野菜の食感や美味しさを楽しめるだけでなく、

野菜の栄養も逃さず摂ることができます。

★どんな料理にもアレンジ可能

商品名の通り、カップラーメンと一緒に食べることをオススメしていますが、

その他にもカップ焼きそばの野菜増しや、袋めんの調理、

野菜炒めやスープの具など、料理の食材としてもご利用頂けます。


<このプレスリリースに関する問い合わせはこちら>

株式会社サラダコスモ・ちこり村 広報担当 天野 結理奈(あまの ゆりな)

Email:dmd-pr@saladcosmo.co.jp

TEL:0573-62-1545(ちこり村) FAX:0573-62-2170

 


2017-12-22 | Posted in プレスリリースNo Comments » 

関連記事

上へ