野菜に夢中!サラダコスモ:簡単便利なカット野菜とモヤシやスプラウト野菜の生産者「サラダコスモ」はロハス(LOHAS)の会社です

野菜の機能性で付加価値化-食品化学新聞

2018年8月9日・16日(合併号)掲載

野菜の機能性で付加価値

世界に先駆けて立ち上がった生鮮野菜での機能性表示での第1号となったのが

サラダコスモが販売する「大豆イソフラボン子大豆もやし」(届出番号A80)

袋ごとレンジアップで食べれる簡便さ、身近さも寄与し、

大きく売り上げを伸ばした。

「大豆イソフラボン子大豆もやし」の開発経緯は?

貴社の機能性表示食品の販売実績や事業への寄与は?

今後の機能性表示食品に関する事業計画や商品投入は?

今後の制度改正に向けた要望は?

の質問に研究開発室部長 中田光彦さんが応えています。


関連記事

上へ