野菜に夢中!サラダコスモ:簡単便利なカット野菜とモヤシやスプラウト野菜の生産者「サラダコスモ」はロハス(LOHAS)の会社です

社長の気持ち『合掌』

~2006年12月中津川にちこり村がオープンしました。~

『ちこりで日本の畑を耕したい―農業の元気!』

チコリは、ベルギー、オランダ、フランスなどが原産の西洋野菜です。
イタリアンやフレンチにはかかせないハーブの王様と呼ばれる野菜で、
芋(根)の部分を畑で育てます。 今までは、ヨーロッパから輸入していました。
30万ヘクタールとも40万ヘクタールとも言われている日本の休耕地。
この休耕地を耕してチコリの芋(根)を育てよう。

日本で育てるから名前もひらがな‘ちこり’で。

実際にちこりを育てて気がつくのは、破棄する部分の多さです。
発芽させて‘ちこり’の部分を収穫した後に残る根の部分。
手間暇かけて畑で作った「ちこりの根」は、今まで廃棄されていました。 

廃棄物も減らしたいし、資源の再利用もしたいし、休耕地も耕したい!
見渡す限りちこり畑。青空の向こうまで。
そこで生まれたのが
3R
Reduce リデュース:減らす
Reuse リユース:繰り返し使う
Recycle リサイクル:再資源化)をテーマとする

循環型社会Re Creation Park「ちこり村」です。

ちこりの根は、その形状から「ちこり芋」と呼ばれ、親しまれ、
ちこり村で美味しい焼酎に生まれ変わることになりました。

焼酎だけではありません。
ちこり茶、ちこり珈琲など循環型社会をめざす「ちこり村」の挑戦はまだまだ続きます。


『地元の元気はちこり村の元気!』

この辺りには隠れた名品・特産品がたくさんあります。隠れているのが問題です。
地元の名品・特産品を応援する『地元応援プロジェクト』スタートです。

ちこり村では地元の名品・特産品も一緒に紹介して行きます。
「日本一の寒天の里」氷点下零℃その瞬間を見逃さず凍りをそぎ落とす山岡の寒天作りや、
「裏木曽の豊かな山とおいしい水から作るわらび餅」材料は天然素材と清流のみ、
加子母のわらび餅などをちこり村では販売しています。
にんじん農家の二村さん。地元中津川のにんじん農家さん
また、ちこり村では農家の後継ぎを応援しています。

農家の後継者は農業の未来を繋ぐからです。

地元中津川・松田の農家二村さんの後継ぎが作った‘にんじん’が入った
「ちこりのぽたぽたポタージュスープ」などの商品開発・販売も行っています。

新しい試みも始まりました。

この秋ちこり村では、地元の伝統の味を伝えようと「栗きんとん絞り体験」を行っています。
栗きんとん発祥の地中津川。
中津川の秋と言ったら和菓子の栗きんとんですが、
栗きんとんは和菓子屋さんに売っているだけではなく、

それぞれの家庭で手作りされる中津川の伝統の味です。

教えてくれる先生は、地元のおばあちゃん。地元の家庭の味を伝えます。


『高齢者の元気!は若者の元気!』

3.7人に一人が高齢者の中津川。
ちこり村では60歳以上の高齢者の雇用を積極的に行っています。
ちこり焼酎蔵で働く小倉先生は、地元工業高校の先生でした。
焼酎の説明はまるで授業を聞くよう!?です。

また、ちこり村スタッフには言葉を交わした人を笑顔に変えてしまう
‘井出マジック’66歳、癒し系アイドルもいます。


若い人は到底及ばない魅力をもっています。
高齢者が元気に働く場所からは希望がもらえそうです。
中津川産ちこり、英語でチコリ。フランス語でアンディーブと呼ばれます
『まだまだ世の中捨てたもんじゃない』そんな『捨てたもんじゃない
世の中』を信じることができたら、
若者にだって希望があるじゃありませんか。


今から、十数年前中田がヨーロッパのチコリ生産者見学で、
はじめて チコリを見た時、その姿はまるで

人が一生懸命、‘合掌’しているように見えたと言います。

 

合掌するということは、相手に深い尊敬の念を表すとうことです。nakada
ちこり村3つの元気は、根底には尊敬があります。日本の農業を、未来に残したい地元の伝統を、先輩の人生を、まずは相手を尊敬することから始まります。

株式会社サラダコスモ 中田智洋

 

開設当初、年間7万人だった来場者数も現在26万人の来場者数を数え、元気をいただいています。将来来場者数 100万人をめざしています。


社長の気持ちTOPへ

関連記事

上へ