~スプラウトの秘密~ 
サラダ農園 工場見学 その2

~スプラウト新施設 稼動開始~
「はじめまして、サラダコスモの新人です」

新施設のキーワードは、
「ムービングベンチ」

和田君の「オランダ便り3」で紹介のオランダでは、多くの工場で導入されている「ムービングベンチ」。サラダ農園に、はじめて導入されました。新農園の新人、「ムービングベンチ」を紹介します。

ムービングベンチ

それでは…
サラダ農園「ブロッコリーの新芽」ムービングベンチの旅、スタート!

  1. STEP

    01

    種まき準備1

    まずは、種をタンクで寝かせます

  2. STEP

    02

    種まき準備2

    タンクから種が出てきました

  3. STEP

    03

    種まき準備3

    専用ケースの綿花に種は蒔かれます

  4. STEP

    04

    種まき

    種まき機で種をまきます

  5. STEP

    05

    発芽待ち

    種まきされた後は、発芽するまでは、ムロの中で

  6. STEP

    06

    発芽

    発芽したら、いよいよムービングベンチに乗って、ハウスへ

  7. STEP

    07

    ハウスの中

    天井を見上げると保温管が通ってます

  8. STEP

    08

    出荷されるまでの約一週間

    ベンチの上ですごします。一番奥が発芽直後、手前が出荷直前のものと順序良く並んでいます。

  9. STEP

    09

    天井のパイプから散水

    将来的に、散水後の水が循環できるように、ベンチの底に溜まるようになっています

  10. STEP

    10

    成長管理

    ハウスの司令室。パソコンで成長を管理します

  11. STEP

    11

    出荷準備

    出荷準備のととのったものは、ベンチにのってクリーンルームへ

  12. STEP

    12

    ケースの殺菌

    使用済みの専用ケースは、高圧加圧殺菌されます

  13. STEP

    13

    次の種まきに備えて…

    殺菌された専用ケースは、次の種がまかれるのをまちます

ムービングベンチは、ゆりかごのようなもの。

ムービングベンチは、働く人と生まれたての発芽野菜に優しいゆりかごのようなもので、発芽したばかりの芽が成長するまで過ごします。
ムービングベンチを導入することによって、移動・管理にかかる労力を削減し、より良い商品作りに集中できるようになりました。
今後、環境にも配慮したシステム作りも期待できます。