おくらの新芽(オクラスプラウト)

おくらの新芽(オクラスプラウト)とは…

おくらの新芽(オクラスプラウト)

オクラは日本には果菜として比較的最近入って来た野菜ですが、醤油にかつお節などの食材と共に日本人の食文化にも定着しています。

納豆などと同様、最近の「ねばねば」健康食品として馴染んでいます。そのオクラを一年中食べられるように新芽(スプラウト)にしました。

食感は「シャキシャキ」「ネバネバ」です。ネバネバのもとはペクチン・ムチンなどがあります。
ムチンが多く含まれる食べ物には、納豆や長いも、ウナギ、モロヘイヤ、サトイモ、マメコなど誰もが良く知っている食品があります。

“オクラ”とは?

オクラ オクラ

オクラは英語。フランス語はガンボ。 日本語名はアメリカネリ(黄蜀葵)オカレンコン(陸蓮根)とも言います。

アオイ科の一年草で、原産はアフリカです。(熱帯では多年草だが、霜で枯れてしまう程寒さに弱いため)。花は黄色大輪で美しい、若い莢を食用とします。日本に本格的に普及したのは、1970年代に入ってからで、旬は5月~10月の夏野菜です。

特徴

オクラはエチオピア近辺が原産です。エジプトでは2,000年前から栽培されていました。1960年頃から日本に食用として普及したオクラを新芽(スプラウト)にしました。

生のままでは青臭いので、サッと湯がいておひたしがおすすめです。年中「オクラ」の風味をお楽しみください。オクラには産毛が生えていますが、おくらの新芽にも茎の部分にかすかに産毛があります。湯がいて頂ければ問題なくお召し上がり頂けます。

栽培のこだわり

サラダコスモの新芽シリーズの自慢は 栽培方法です。
化学肥料を使わず、地元・恵那峡の天然温泉水モンゴル産の天日塩のミネラルのみで育てています。サラダコスモの発芽野菜(もやし・スプラウト)を食べて、『ちょっとしょっぱい!?』と感じられる方もいらっしゃると思います。

フィリピン北部にある契約農場の畑で栽培しています。
除草などの管理から、種の収穫、乾燥、脱穀、選別、と一括した栽培管理をしています。
フィリピンの農家の方たちが、品質にこだわり手でひとつひとつ選別した種子を使用しています。
オクラの花
木曽川水系の地下水と地元・恵那峡の天然温泉水を使用し、化学肥料を使わない栽培方法で開発しました。 ハウス栽培風景

おくらの新芽の歴史

おくらの新芽を開発を担当された井端さんから、お話を頂きました。

2004年、空心菜の新芽を開発するためにテストを繰り返していたとき、以前テストをしたことのあったオクラをもう一度均一に発芽させることができないか?ふと疑問を持ち栽培してみました。

すると産地や品種によって安定して発芽することを発見しました。その後、タイやフィリピン・イタリア・インドなど候補の中から原料の確保に実際現地にも出向き、どのような種子を確保すれば日本で安定的に年間通して「おくらの新芽」を生産し、消費者の方に提供できるか?

マーチャンダイザーの仕事は根気と時間のかかる仕事です。一番初めに試作をはじめてはや4年の月日が流れていました。生食というより、加熱しておひたしで食べてもオクラの風味がする新顔野菜です。日本に新しい発芽野菜(もやし・スプラウト)として定着する日を願っています。

新商品開発担当MGR
井端 浩之さん

新商品開発担当MGR

(ちょっとこぼれ話・・・)

種の現地、タイやインドネシアで空心菜は何期作も可能な野菜で、種の生産量も年間1000トン~2000トンの作付け面積があります。しかし、オクラはそんなにたくさん消費がされていません。ですから、原料の種の開発からスタートとなります。年間何十トンも原料の種を使用する生産者はいません。それだけ、発芽野菜は原料の確保が大切で難しいのです。

成分表

栄養成分 表示単位
(100g)当り
エネルギー 23kcal
水分 94.0g
たんぱく質 2.9g
脂質  0.3g
炭水化物  2.1g
炭分 0.7g
ナトリウム 90.4mg
カリウム 114mg
カルシウム 43mg
マグネシウム 44.1mg
0.6mg
ビタミンA(レチノール相当) 161μg
α-カロテン 43μg
β-カロテン 44.1μg
ビタミンC 12mg
葉酸 32μg
※2012年4月27日 外部検査機関調べ