GABA子大豆もやし

GABA子大豆もやし
内容量 200g
原産地 新潟県南魚沼市
原料種子 大豆(非遺伝子組換え)
機能性関与成分 GABA 6.2mg(レンジ調理後 GABA6.2mg)
保存方法 冷蔵
用途 加熱調理用。
袋のままレンジ調理が可能です。
500W 約3分30秒
600W 約3分

商品紹介

機能性表示食品「GABA子大豆もやし」は、小粒の大豆を使用し、新潟県南魚沼市のきれいな地下水で育てた大豆のもやしです。 小粒の大豆を発芽させたもので、大豆と野菜の両方の特徴を合わせ持つ野菜です。子大豆もやしにはGABAが含まれ、GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる効果が報告されています。また葉酸も豊富に含まれ、葉酸は赤血球の形成を助け、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

大豆と野菜の両方の特徴を合わせ持つ子大豆もやし

機能性関与成分 GABAとは?

GABAは、γーアミノ酪酸(ガンマアミノらくさん)のことで、遊離アミノ酸の一つです。GABAは主に脳や脊髄で「抑制性の神経伝達物質」として働いています。興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしています。最近では、チョコレートや飴、醤油など、GABAを添加した多くの食品が開発、販売されています。
GABAは、熱に強く、水に溶けやすい性質があるので、もやしは茹でずに、電子レンジ調理がおすすめです。

摂取量

一日摂取目安量は、1/2袋(100g)
機能性が報告されている一日当たりの機能性関与成分量の半分(50%)を摂取できます。
この表示は、特定の野菜や果物を多く摂取することは、バランスの良い食生活を続ける上で問題もあると指摘されていました。そこで、GABAは多くの野菜や果物に含まれる成分であり、他の食品からも摂取しているので、50%摂取できる旨を表示しています。

成分表

栄養成分 表示単位
(100g)当たり
エネルギー 34kcal
たんぱく質 3.6g
脂質  3.0g未満
炭水化物  3.0g
糖質  1.2g
食物繊維  1.8g
食塩相当量  0.01g
カリウム  140mg
カルシウム  22mg
マグネシウム  18mg
葉酸  74μg
γアミノ酪酸(GABA) 6.2mg
自社調べ

機能性表示食品 GABA子大豆もやし

届出表示

本品にはGABA(ギャバ)が含まれます。GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。本品を1/2袋食べると機能性が報告されている一日当たりの機能性関与成分(GABA)の量の50%を摂取できます。
本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

[届出番号D678]消費者庁届出情報はこちら

本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

機能性表示食品 一覧

  • 大豆イソフラボン子大豆もやし
  • GABA子大豆もやし