Ⅰ.ここがポイント! 商品の3つの特徴

1つ芽日本初*スプラウトの機能性表示食品

*日本初…2020年3月時点機能性表示食品制度届出データベース
サラダコスモ調べ、もやしを除く

スルフォラファン スプラウトシリーズパッケージ画像

サラダコスモの「スルフォラファン スプラウト」シリーズが、スプラウト(もやしを除く)の機能性表示食品として日本で初めて受理されました。「機能性表示食品」は、科学的根拠をもとに機能性(健康の維持・増進に役立つこと)を表示するものとして、消費者庁に届け出し、受理された食品です。
サラダコスモは、定期的に外部検査機関でスルフォラファンの含有相当量検査を実施し、品質・管理体制を整えています。

野菜の栄養の“見える化”

サラダコスモは、目に見えない野菜の栄養を正しく伝え、野菜でおいしい健康習慣を始めていただくため、野菜の栄養の“見える化”に取り組んでいます。“見える化”の1つとして、機能性表示食品の届出をし、商品パッケージに強調表示できる栄養成分を記載したマークを表記しています。

パッケージに表示している栄養成分マーク

野菜の魅力を伝えたい!

「野菜はカラダにいい。」そう理解している方は多いと思います。実際、野菜には体の調子を整えるために必要な、様々な栄養素や機能性成分が含まれています。でもなぜ野菜の摂取量は減少しているのでしょう?
サラダコスモは野菜に含まれる栄養素や成分の働きを正しく知っていただくことが「野菜をもっと食べたい!」と思っていただく第一歩であると考え、野菜の栄養の“見える化”に取り組んでいます。
野菜生産者として「野菜を食べて、無理なくおいしい健康習慣を始めていただきたい。」そんな想いで生産・研究開発を行っています。「機能性表示食品」もその取り組みの一つです。

野菜のことをもっと知っていただけるように!

2つ芽健康番組やメディアで話題の健康成分
「スルフォラファン」

「スルフォラファン」で肝機能マーカー(ALT)値*を改善

健康番組やメディアで話題の健康成分スルフォラファンは、ブロッコリーやケールなどの植物の中で前駆体(スルフォラファングルコシノレート)として存在し、酵素が働くことでスルフォラファンになります。
スルフォラファン グルコシノレートには、健康な中高年世代の健常域でやや高めの方の肝機能の健康状態を示すー指標(*ALT)値を改善することが報告されています。特に、スプラウト(野菜の新芽)にはスルフォラファングルコシノレートが高濃度に含まれており、毎日の食事に取り入れることで、無理なく健康習慣をスタートできます。

ALT値異常時は血中にALTが漏れ出します。
スルフォラファンの抗酸化力でALTが漏れ出さないよう肝細胞を守ります。
* ALT値とは?
ALTは肝臓に多く存在し、肝臓の健康状態を表す指標の一つ。肝臓のダメージが有ると値が高くなります。人間ドックの血液検査をチェック!

スルフォラファンだけじゃない!
スルフォラファン スプラウト シリーズに含まれる栄養素

スルフォラファン スプラウトシリーズには、スルフォラファングルコシノレートはもちろん、葉酸ビタミンCを豊富に含み、さらにその他のビタミン類・ミネラル類・食物繊維など、たくさんの栄養素を含んでいます。

「スルフォラファン スプラウト シリーズ」に含まれる栄養素
葉酸 赤血球の形成を助け、胎児の正常な発育に寄与する栄養素
ビタミンC 皮膚や粘膜の健康維持を助け、抗酸化作用を持つ栄養素
他、食物繊維、タンパク質、脂質、水分等

なぜ「サプリ」じゃなくて、
「野菜」なの?

様々なサプリが販売される中、野菜で栄養を摂るメリットは何でしょうか?
実は、栄養成分は体の中で「単体で働く」のではなく、いろんな成分と一緒に吸収されたり消化されることで「互いに助け合って作用する」ため、複数の栄養素を組み合わせて取ることが大変重要です。植物の恵みを丸ごといただき、おいしく、楽しく、栄養を摂取しましょう!

スルフォラファン、ビタミンC、葉酸、食物繊維、タンパク質、脂質、水分等の栄養素が互いに助け合って作用します。

3つ芽実は重要!「効率的な食べ方」

スルフォラファンを
無駄なく摂取するには?

スルフォラファン スプラウトシリーズに含まれる「スルフォラファン グルコシノレート」は、酵素反応が進むことでスルフォラファンに変換されます。 酵素反応を促進し、栄養素を効率的に摂取するには、できるだけ「生(ナマ)でよく噛む」ことが重要です!
加熱調理しても、有効成分はなくなる訳ではありません。

スルフォラファンスプラウトの「効率的な食べ方」
いつものサラダやスープに!手軽にトッピング!

いつもの料理にちょい足し!
スルフォラファン スプラウトの
オススメレシピ

ほんのりピリッと、クセのない味。シャキシャキした食感で、いつもの料理にプラス!
サラダに!納豆に!卵焼きに!

Ⅱ.サラダコスモの安全・安心な野菜づくり

全5工場で「FSSC22000認証」取得

FSSC22000認証は、安全な食品を提供するためISO22000の内容に加え、さらにアレルギー物質管理等追加要求事項を組み込んだより厳格な国際規格です。
サラダコスモは、食べた直後の安全である「3時間後の安全」と人々の健康や環境への影響を考えた「30年後の安心」をお届けするため、サラダコスモ新潟・信州工場・宇都宮工場・三木生産センター・中津川サラダ農園の全5工場がFSSC22000の認証を取得しています。(2020年4月現在)

FSSC22000認証取得(ISO22000・HACCPが含まれます)

種子の購入から製品の出荷まで、様々な検査に合格した製品をお客様へお届けしています

種子は、非遺伝子組み換え種子を使っています。 購入時には栽培履歴や残留農薬検査等を実施し、高品質の種子のみがスプラウト栽培に利用されます。毎日、PCR法を用いて半製品(栽培途中品)の検査を行い、食中毒菌がいないことを確認してから出荷しています。また定期的に栄養成分の含有量をチェックし、規定量をきちんと満たしているかを確認しています。

種子の画像
工場での生産風景

Ⅲ.サラダスモの
“野菜に夢中”なところ

有機・オーガニックへのこだわり
~親が子供に食べさせたい野菜~ をつくる

親子の食事風景:安心して子どもたちに食べさせられる野菜づくり

商品開発時のモットーは
安全・安心・おいしく食べて健康」。
サラダコスモは、もやしを漂白するのが当たり前だった1973年に無添加・無漂白のもやしを生産しました。その後も無農薬、無化学肥料によるスプラウト栽培や、有機種子を使ったもやし栽培など、人々の健康と環境に良い野菜づくりを追求してきました。 そして、有機JAS規格の改正により水耕栽培したスプラウト類の有機JAS認証が可能になった2016年には、日本で初めて有機JAS認証の「もや し」「スプラウト」を生産・販売しました。
サラダコスモは、親が子を想う気持ちで、野菜づくりに取り組んでいます。

植物の恵みをまるごといただく
野菜でおいしい健康習慣を始めましょう!

スプラウトの研究を始め、野菜の栄養を見える化に取り組むことでもっと野菜の魅力を知って食べて欲しい。 そんな想いを胸に、これまでの安全・安心健康・命まるごとをプラスした「スルフォラファン スプラウトシリーズ」を開発しました。この商品を通して、サラダコスモは「野菜でおいしい健康習慣」を提案します。
私たちは、これからも野菜に関する幅広い研究を行い、お客様に野菜をもっともっと好きになってもらうための活動を続けていきます。

研究開発部 平井昌子:命まるごと!野菜でおいしい健康生活!

機能性表示食品 「スルフォラファン スプラウト」シリーズ

サラダコスモのスルフォラファンスプラウトシリーズ 日本初!スプラウトの機能性表示食品

機能性表示食品詳細情報

届出番号 E677 ケールスルフォラファンスプラウト
E678 ブロッコリースルフォラファンスプラウト
届出表示 本品にはスルフォラファン グルコシノレートが含まれます。スルフォラファングルコシノレートを24mg/日摂取すると、健康な中高年世代の方の健常域でやや高めの血中肝機能酵素(ALT)値を低下させることが報告されています。ALT値は肝臓の健康状態を示す指標の1つです。本品は、中高年世代の肝臓の健康状態を示す一指標の改善に役立ちます。本品30gで機能性関与成分(スルフォラファン グルコシノレート)の50%摂取できます。
機能性関与成分 スルフォラファン グルコシノレート12mg
1日摂取目安量 30g(機能性が報告されている1日あたりの機能性関与成分量の50%を摂取できます。)
対象者 健康な中高年世代の肝臓の健康状態を示す一指標 (ALT値)が気になる方
摂取上の注意 本品は多量摂取により、疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。本品は肝機能検査の異常値を改善させるものでは無い為、異常値を示した場合は医療機関を受診下さい。肝臓で代謝されやすい医薬品を服用している方、消化器系の疾患に罹患している方は医師、薬剤師にご相談ください。

※黄色い葉は緑に変化する前の幼い葉ですので安心してお召し上がりください。

※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

※本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

お問い合わせ(企業様向け)

こちらは、取材(メディアの皆様)・販売業者様・その他事業者様専用お問い合わせフォームです。 取材や商品のお取り扱いに関するご相談・ご依頼など、お気軽にお問い合わせくださいませ。

取材・企業様向け
お問い合わせフォーム

お問い合わせ