有機加工食品の生産とは?

有機加工食品とは、原材料として有機農産物・有機畜産物・有機加工食品のもつ特性を、製造又は加工の過程において保持した食品です。 加工方法は、物理的又は生物の機能を利用した加工方法(発酵など)に限定されており なおかつ、化学的に合成された添加物及び薬剤の使用は避けることを基本としています。

有機加工食品の定義として、原材料の95%以上は有機原料であることが求められています。
有機加工食品で使える原材料は次の通りです。

  • ・有機原料(有機農産物、有機加工食品、有機畜産物
  • ・有機原料の入手が困難な場合のみ、放射線照射・遺伝子組み換えの行われていない非有機の原料(但し全体の5%未満)
  • ・食塩、水
  • ・有機JAS指定の食品添加物および加工助剤(使用方法の規定あり)

    また製造する際には、

  • ・原料受け入れから製品出荷までの製造過程すべてが物理的・生物的な方法で管理されていること
  • ・非有機原材料、非有機製品などとの混入を防ぐこと
  • ・禁止資材との接触又は汚染を防ぐこと
  • ・放射線照射をしていないこと
  • ・洗浄剤、殺菌剤などによる汚染を防ぐこと

を守る必要があります。

現在サラダコスモでは、もやし・カット野菜生産工場である信州工場で、有機農産物および有機加工食品の認証を受けており、有機栽培した有機緑豆もやしとカット加工した有機農産物を混合した「有機カット野菜ミックス」を生産販売しています。

有機オーガニック商品一覧

  • 100%有機カット野菜
  • 有機認証証明書

  • 認定有機加工食品生産行程管理者有機認定書
  • オーガニックの紹介トップへ戻る