アンディーブ チコリ

チコリとは…

アンディーブチコリ

チコリは、レタスなどと同じキク科の野菜です。ヨーロッパではスタンダードなスプラウト野菜として、フランスやオランダ、ベルギーなどでよく食べられています。

しゃきしゃきとした水々しい食感で、甘さとほろ苦さが共存する味が特徴です。サラダやグラタン、スープ、オーブン料理などに使ったり、1枚ずつはがして船形の器にして使います。

チコリから作られる『チコリコーヒー』は、チコリの根の部分を使用して、コーヒー風味にしたもので、ヨーロッパで第二次大戦時にコーヒー豆が生産地から輸入できなかった際に、代用コーヒーとして広く飲まれたものです。

現在でもノンカフェインのコーヒーとして知られています。

チコリの誕生

アンディーブ国産ちこり

チコリ栽培がはじまったのはいつの時代か定かではありません。ただ、現在のような、スプラウトというかたちで栽培され、食べられるようになったのは19世紀のベルギーです。

チコリは、もやしやアルファルファと同様、暗室で育てられたスプラウトです。

この育て方でチコリが食べられるようになったのは全くの偶然でした。

19世紀のベルギー。農家の地下室で置きっぱなしにされたチコリの根から生えた白い新芽を食べたところ、意外においしかったのがその始まり。

それからヨーロッパでは広く食べられるようになり、定番野菜としてスーパーに並ぶようになりました。

どうやって育つの?

畑から

チコリ栽培のスタートは、畑から。種をまき、チコリ栽培に必要な根株を育てます。

ちこり芋畑
大きく育ったチコリ芋の葉をカットして、冷凍庫(冷暗所)に運び寝かせます。 チコリ芋
施設栽培 冷凍庫から出して解凍した芋は、真っ暗な栽培室で水耕栽培で育ちます。(軟白栽培) 有機栽培緑豆の選別
チコリ芋に蓄えられた栄養とともに、徐々に葉が成長します。約3週間で収穫を迎えます。 信州工場
収穫 成長したチコリとチコリ芋を切り離していきます。 有機栽培緑豆の選別
一本一本丁寧にパック詰めされていきます。 信州工場

(ちょっとこぼれ話・・・)

チコリを生で使うときには1枚ずつはがして、水にさらすとしゃきっとさらに水々しく、苦味がすこし和らぎます。火を通す料理に使用すれば、さらに苦味は少なくなります。

成分表

栄養成分 表示単位
(100g)当り
エネルギー 17kcal
水分 94.7g
たんぱく質 1.0g
脂質  0.1g未満
炭水化物  3.9g
灰分 0.4g
食物繊維 1.1mg
糖質 2.8mg
食塩相当量 0.1g未満
葉酸 41μg
ビタミンC  2mg
カルシウム 24mg
マグネシウム 9mg
日本食品標準成分表2020年版(八訂)調べ

2022年1月24日付 国産ちこり生産終了のお知らせ