野菜に夢中!サラダコスモ:簡単便利なカット野菜とモヤシやスプラウト野菜の生産者「サラダコスモ」はロハス(LOHAS)の会社です

GAP(農業生産工程管理)認証を取得しました

株式会社サラダコスモは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証である

GAP( 農業生産工程管理)認証を取得しました。

 

GAPとは?


GAP(ood(良い)gricultural(農業)ractice(実施))は、農林水産省では「農業生産工程管理」と訳されており、食品安全、環境保全、労働安全などの観点から、農業生産工程に潜むリスクを管理し、持続的に農業を行うための取組みです。

残留農薬基準値超過、食中毒や異物混入の発生、農薬や肥料の不適切な使用による環境汚染、農業機械作業中の巻込みなど農作業事故を未然に防ぐための取組みを行うことにより農業生産活動に対する信頼性を高めることにつながります。

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の組織委員会は、平成29年3月、選手村等で提供する食事の食材調達基準を決定し、農産物についてはGAP認証の取得、または農林水産省が定める「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に準拠するGAPに即した農産物生産を都道府県等公的機関による第三者の確認を受けることが盛り込まれました。

(岐阜県ウェブサイトよりhttps://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/nogyo/gifu-clean/nosan-butsuryu/index_12272.html)


 

サラダコスモGAP確認証


 

サラダコスモでは、もやし・スプラウト類・ちこりの品目を生産する3工場にて県GAPを取得し、生産に取り組んでいます。

 


 

サラダコスモでは、食品の安全マネジメントの国際規格である「FSSC22000」、そして有機・オーガニック認証制度である「有機JAS認証」を取得しています。

また、生鮮野菜で日本初の「機能性表示食品」を生産・販売するなど業界では先駆けて「安全・安心・食べて健康」への様々なチャレンジをしてきました。

品質の良いものを、手に取りやすい価格で、安定して提供する。

サラダコスモの挑戦はまだまだ続きます。


2019-09-12 | Posted in 発芽野菜のサラダコスモNo Comments » 

関連記事

上へ