サラダコスモの機能性表示食品

サラダコスモの機能性表示食品

機能性表示食品とは

2015年にはじまった「機能性表示食品」制度は、機能性を分かりやすく表示した食品の選択肢を増やし、食品の正しい情報を得て選択できるようにとの思いで作られた制度です。この制度のもと事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁長官に届け出られた食品が、機能性表示食品です。
サラダコスモでは、日本初の野菜の機能性表示食品「大豆イソフラボン子大豆もやし」の販売を皮切りに、野菜の機能性に注目した商品を開発しています。

 
  

機能性表示食品 一覧

※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
※本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

機能性表示食品のレシピ

レシピ一覧はこちらから

機能性表示食品レシピサイト

野菜の魅力を伝えたい!

サラダコスモは、健康なカラダづくりのために野菜を食べてほしいという思いのもと、目に見えない野菜の栄養を正しく伝え、野菜の栄養の“見える化”に取り組んでいます。“見える化”の1つとして、野菜の機能性に関しての研究開発を行っており、日本で初めて生鮮野菜の機能性表示食品を販売しました。野菜生産者として「野菜を食べて、無理なくおいしい健康習慣を始めていただきたい。」安全・安心に健康・命まるごとをプラスした商品を通して、サラダコスモは「野菜でおいしい健康習慣」を提案します。

野菜でおいしい健康習慣