野菜に夢中!サラダコスモ:簡単便利なカット野菜とモヤシやスプラウト野菜の生産者「サラダコスモ」はロハス(LOHAS)の会社です

【健康キーワード】免疫

健康キーワード免疫画像

クエッションマーク免疫

一般的には

免疫とは体内に侵入した細菌やウイルス、

又は体内で発生したがん細胞などの、

本来の自分の体に必要ないものの侵略から

体を守る仕組みのことです。

免疫の働きには自然免疫と獲得免疫があります。

免疫細胞図ー1画像

クエッションマーク免疫細胞群

免疫細胞の種類は下図のようになり。

顆粒球が全体の54~60%、

リンパ球が35~41%、

単球が5%と言われています。

いずれも白血球からつくられています。

季節や体調によってもそのバランスが変化します。

免疫細胞群画像

クエッションマーク免疫細胞の戦い

体内に入ってきた(又は発生した)

異物に対処する免疫細胞の働きは下図のようになります。

①まず無差別に攻めます。

大食らいの意味のマクロファージが異物を

何でも食べて分解します。

この時、NK細胞も一緒に戦います。

②ヘルパーT細胞に報告

③ヘルパーT細胞が指令を出す。

マクロファージを叱咤激励しつつ、

キラーT細胞と、最終兵器のB細胞に出動指示。

④キラーT細胞とマクロファージによる猛攻撃を開始。

⑤それでも屈しない時はキラーT細胞がB細胞に指示し、 

   最終兵器(抗体)を発射

し異物を消滅します。

キラーT細胞B細胞は敵の顔を覚える賢い細胞で、

抗体を準備し同じ異物には素早く対応できるようになります。

免疫チームの戦い画像@^

 

クエッションマーク腸管免疫

体のあらゆる場所で免疫は働いていますが、

主に外界と接する、鼻や口の粘膜、皮膚、腸内壁などが主な場所です。

その中でも免疫が最も働いている場所は、腸の内壁で、

テニスコート1.5面分もあると言われる広大な面積で外界と接している腸は、

異物との戦いの場所になっています。

この腸内の免疫の働きを、腸管免疫系と呼び、

膨大な量の腸内細菌と食事で入ってくる食品成分、消化酵素、アレルギー物質、

ばい菌、ウイルスなども一緒に存在するなかで、

体に必要なものと必要でないものを見分け、

猛烈な勢いで働いていると言えます。

よって、腸の働きが良くないと、免疫力がすぐに弱まります。

腸管免疫を維持し高めるポイントは、

①体を冷やさない。血行を良くする。

    冷たいものを食べすぎない。

 

②発酵食品や食物繊維の多い食品を摂り、

    腸内細菌を元気にし、便通を良くする。

 

③副交感神経を優位になるような食事のしかたを心がける。

    ゆっくり楽しく食べる。

などです。

粘膜の戦い

サラダコスモスプラウト画像

免疫パワーを高める6つの食品グループ

免疫パワー1

かいわれ大根クリック

ブロッコリーの新芽クリック.jpg@

免疫パワー2

 

免疫パワー3

 

免疫パワー4

 

免疫パワー5

 

免疫パワー6

 

 

【健康キーワード】

 


関連記事

上へ